スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトエプシロン製作記 第1回(図面)

こんばんはちぇすだよ!
さてさて今回はライトエプシロン製作記第1回!
前回アタマん中で「こうかな~?」と思ってた構想を
手書きで実際に書き起こしてみたよ!!

いっつも構想のままソッコー作業にあたっちゃうから書かないんだけどね(´∀`)

俺の汚い字を晒そう!!!!!
絵心もあんまりない!!!!!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
から笑うなよ!絶対笑うなよ!

↓↓↓



\ぼくのかんがえたさいきょうのらいとえぷしろん/LEt<strong>強調文</strong>enkai.jpg

「プラ板をウレタン2枚で挟み込む」方法をとることにしたよ~!

先輩造形師さんのテクニック丸パクりなんだけどね!

ベースとなるウレタンよりも少し大きめにプラ板を切り出して、
はみ出したところとウレタンの先端をさらにプラ板で埋めると。

総ウレタンで表現できなくもない、んだろうけど、刃の表現に関しては
プラ板がちぇす的に一番熱いのよ~!
強度的には心もとないんだけど、別にこれで狩りにでるわけでもないので
ちょっとやそっと、ポージングのときにぶつけたとしても壊れないはずなんだ。

そんでもってプラ板の隙間はパテで埋めれば違和感もなくなると。
安全性に関しても、多少薄くて鋭利とはいえ、プラスチックだし
よっぽどのことが無い限りは大丈夫と思ってるよ!!
この前のRo10thみたいな会場だと危険度ヤバイけど


脱線した。

両側から挟みこんで、それぞれに装飾部を張り込んで仕上げに宝玉を接着すると
刃部分はもう完成だね。

ジョイント部分は切り込みをいれて、アタッチメントを接着することにするよ。
この絵はちょっと杜撰なんだけど、ほんとは塩ビパイプを接着して、
中にアタッチメントをいれるようにしよう。
塩ビパイプを塗装して銀色にする必要があるからねー。

で、ポール部分の長さはたきい先生の天才的な案で解決だよ。
\A=50cm、B=30cmで両方つくればいいんや!!/

そんなこんなで持ち手部分は懲りずに塩ビパイプを使っていく。
装飾部はいい材料思いつかないけど、いまんとこ塩ビパイプをファイヤー!して
ぐにゃぐにゃ曲げようと思ってる。とっても危険です。火事にならないよう気をつけないとね。

はい、今日の更新おわり!!
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むらさき&ちぇす

Author:むらさき&ちぇす
Job:コスプレイヤー

むらさき
コスプレコミュニティサイトCure

ちぇす
コスプレコミュニティサイトCure

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。