スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【製作】パズドラ風 ヴァルキリーの盾

こんばんはちぇすでっす!

今作っているブツを紹介しますよ~!




ででーん!

up.jpg

巷で流行のパ・ズ・ド・ラから!
人気?モンスターのヴァルキリーたんの剣と盾!

今回は盾の材料と工程を書いてみようと思うよ~。
めっちゃ はしょっちゃうけどね!!!



この造形物で意識した事は、
「軽くてかつエッジが利いてかつモチーフと盾本体が取り外せるもの」ということ。

「盾」という性質上、基本的に写真に写す場合は
持つという行為が伴うので、なるべく軽く作りたいと思ったんだ。
レイヤーさんだったら分かると思う。いくら軽い小道具でも、それをある程度の
高さまで持ち上げたままポーズをとるという大変さ。
数十分ならいいかもしれないけど、イベントとかって大体短くても
数時間以上なわけだから、できれば軽い方が良いよね!!
(会場まで持ち運ぶのも軽い方が当然いい!)

し・か・し!
「軽さ」を追求しようとすると反比例してステータスが下がりがちなのが
「耐久度」とか「剛性」ね。

どちらも小道具において重要な要素ってのはもう語るまでもないよね。
会場で破損あんてしちゃったら、せっかく想いをこめて作った物も
台無しってわけ!!だからといってガッチガチにすると、だいたーい重くなるんだな、これが。
重量と耐久度の両立ってのは自作レイヤーさんの頭を悩ませるタネだね~。

あ、ちなみに剛性ってのは簡単にいうとシャキーンってなるかどうか。
ぺらっぺらだったりへにゃへにゃしてると、ダサイっしょ!!
軽さを追求すると、そのシャキーンが失われる事が多いんだよね。(自分だけかもだけど)


あ!!


話がそれてる!!!
今回、「軽くてかつエッジが利いてかつモチーフと盾本体が取り外せるもの」
をイメージしたんだったっけね。
それを表現するために選んだ材料が、下記の通りだよ!


軽くて・・・盾のベースはウレタン、鳥のモチーフは紙粘土
エッジが利いて・・・モチーフの土台に軽い木材を使用
取り外せる・・・マジックテープでの着脱

結果としては、望んだ通りのイメージで出来上がったよ!
最初は土台にPH9を選択して(切り出し)たんだけど、
( ゚д゚ )「っつーかPH9だと紙粘土の重量に負けてへにょんじゃね?」
と思って木材にしたのがナイスだったよ!

工程は続きにて!



①ベースを組んで合皮を貼る⇒ベース完成
②木材を鳥の形に切り出し(しんどかった(´∀`))
③切り出した木材に紙粘土を貼り付け(↓画像)

up4_20130219232605.jpg

④羽毛を再現するための段差をつけるため、指と爪で無造作に筋彫り
⑤乾燥をまち、木土台と紙粘土のスキマに接着剤流し込み
⑥乾燥後、アクリル絵具で全体をホワイトに筆塗り
⑦くちばしをMr.カラーのブラス色で筆塗り
⑧全体をアクリル絵具(パールシルバー)で筆塗り
⑨全体をアクリル絵具(アンティークシルバー&ホワイトを調色)で筆塗り
⑩乾燥後、スプレーニスをかけて赤いクリスタルパーツを接着剤で貼る
⑪盾ベース側、モチーフ側にマジックテープをつけ、完成








モチーフをどう作るか非常に悩んだよ。
ウレタンを集積して削りだし?も考えたけど、
コスト的なところと出来上がりのなめらかさを勘案した結果、紙粘土に落ち着いた。

up3_20130219232610.jpg

今回はこの
パジコというメーカーの「かるいかみねんど かるがる」を使ったんだけど、
東急ハンズで300円くらいだったのね。
それを2袋つかっただけで済んだので、木材やら塗料なんやら入れても、
たぶん1500円いってないぐらい。リーズナブルな気がする。

ちなみにこの「かるがる」
100円均一のセリアに稀に売っているらしい!!!?
情報が古いしY知恵袋情報だからアレだけど、
探してみる価値があるかもしれんね・・・。

粘土って、手にくっついたりして作業性悪かったりすると思うんだけど
この粘土はそんなこともあんまり気にならず優良マテリアルだったよ!!

粘土、ニガテというかびびってたとこもあったんだけど
これは楽しく作れたしちょいと克服できたかなーと。

ぜひおためしあれ!!
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

むらさき&ちぇす

Author:むらさき&ちぇす
Job:コスプレイヤー

むらさき
コスプレコミュニティサイトCure

ちぇす
コスプレコミュニティサイトCure

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。